メンズ

防犯対策に効果的な防犯カメラ|逐一監視するために設置

人に反応するカメラ

セキュリティカメラ

監視カメラを設置する場合、多くの人が懸念するのが、消費電力の問題です。監視カメラといえば、24時間絶え間なく特定の場所を撮影し続ける機器です。絶え間なく映像の撮影と録画をし続けるとなれば、電力消費も無視できない量となるでしょう。多くの監視カメラには、夜間での撮影もできるように赤外線を使った暗視機能がついたカメラや、日光がカメラのレンズに当たることでの影響を防ぐ機能もついています。しっかりとした映像を残すためにさまざまな機能が付与されていますが、たくさんの機能がついているということは消費される電力量も多いことがわかるため、多機能の監視カメラほど電気代のコストが問題となるのです。そこで、無駄な電力をカットできる節電機能がついたカメラがオススメできます。動体センサーがつけられたカメラであれば、動くものがなければ稼働しないため、消費電力の大幅なカットができるでしょう。

動体センサーがつけられた最新型のカメラは、人の動きにのみ反応するカメラとなっています。動くものを感知して作動するのであれば、風によって動く紙や木の葉に反応することや、近くを通りかかる野良猫などにも反応するのでは、と考える人も多いでしょう。屋外に設置した場合、動くものは周囲に数多く存在するため、結局常に稼働するようになると考えがちです。しかし、最新型の動体センサーは、人固有の動きを感知し反応します。屋外に設置したとしても、家族以外では不審者がやってきた場合にのみ反応するので、電気代のコストも掛からないのです。